八幡平・凶悪なやぶ (大深岳へ)

登山道はいよいよ凶悪になってきた。傾斜はたいしたことがないのだが 草やハイマツが道にかぶることおびただしい。まず道は見えない。 むりやり乗ることもできるが、大きな岩や深い溝が多くてなかなか 連続して乗ることができない。稜線ではほとんどの隊員が自転車に ただまたがっているという状態だった。

<<八幡平・嶮岨森稜線 >> 八幡平・疲労増す大深岳

ウツクシキ八幡平 | sshida HomePage | sshida@gmail.com